ここから本文です

<皇室>天皇陛下が風邪で公務取りやめ 16年12月以来

毎日新聞 5/15(月) 19:32配信

 宮内庁は15日、天皇陛下に風邪の症状があり、同日午後の公務を取りやめられたと発表した。陛下が風邪の症状で公務を休むのは昨年12月以来。

 陛下は、15日午前からせきがあり、午後からは発熱を伴う風邪の症状が出た。午前は公務を行ったが、午後に行われた春の叙勲の受章者との面会は皇太子さまが代行された。また皇居の清掃などを行う「勤労奉仕団」との面会は皇后さまお一人で行われた。

 天皇、皇后両陛下が17~19日に予定していた栃木県日光市への私的な旅行も取りやめとなった。日光では、陛下が太平洋戦争中に疎開した御用邸や仮校舎の跡地などを訪ねる予定だった。【高島博之、山田奈緒】

最終更新:5/15(月) 19:32

毎日新聞