ここから本文です

引退した「銀座線01系」、東大に譲渡 研究用車両として活用

ITmedia NEWS 5/15(月) 18:29配信

 東京メトロは5月15日、今年3月に営業運転を終えた「銀座線01系車両」(01-630号車)を東京大学に譲渡したと発表した。走行実験などの研究に使われるという。銀座線01系を研究用として譲渡するのは初めて。

 01系は1983年にデビューした車両。合計228両38編成が活躍したが、2012年以降に「1000系」が導入されてから数を減らし、今年3月10日に営業運転を終了した。

 車両の走行実験などを行う東大生産技術研究所の千葉実験所(千葉市)が、同大学柏キャンパス(千葉県柏市)に機能移転するのに合わせ、車両の譲渡が決まったという。車両は3月24日に中野車両基地(東京都中野区)から柏キャンパスに搬送した。

 これまでに東京メトロは、地下鉄博物館や熊本電鉄にも銀座線01系を提供しているが、研究目的での譲渡は初めて。今回の取り組みを通じて「これまでの研究の枠組みを超えた鉄道技術の向上に貢献していく」としている。

最終更新:5/15(月) 18:29

ITmedia NEWS