ここから本文です

講談社、誰でも電子書店を開設できる「じぶん書店」を正式にリリース、4000店以上が一斉にオープン

Impress Watch 5/15(月) 17:14配信

 株式会社講談社は15日、自分の電子書店を簡単に開設できるサービス「じぶん書店」を正式にリリースした。

【この記事に関する別の画像を見る】

 4月20日より事前登録を開始しており、正式リリース時点で約130の作家(犬飼のの氏、片倉真二氏、弘兼憲史氏、松浦だるま氏、恵三朗氏、幸村誠氏など)・編集者による公式書店と約4000の一般ユーザーによる書店が同時に公開される。

 ブラウザーベースのサービスで登録や電子書店開設作業はスマートフォン単体で可能。会員登録後、講談社が展開する電子書籍約3万2000点から売りたいタイトルを選び、推薦コメント(推しコメ)を入れるだけで電子書店を無料で開設できる。書店を運営するユーザーには、書籍を販売するごとに10%のアフィリエイトコインが付与される。

 今後は、商品登録時の検索機能の改善、PCでも使いやすいUI・デザインへのリニューアルのほか、他出版社の作品や、音楽・動画などのデジタルコンテンツの拡充を目指すとしている。

INTERNET Watch,磯谷 智仁

最終更新:5/15(月) 17:14

Impress Watch