ここから本文です

元若嶋津の長女・アイリ、稀勢の里の黒星発進に「切なかった。土俵際までいき跳ね返せない」

スポーツ報知 5/15(月) 11:05配信

 二所ノ関親方(元若嶋津、60)の長女で相撲通で知られるタレント・アイリ(28)が15日、日本テレビ系「PON!」(月~木曜・前10時25分)にVTR出演し、大相撲夏場所初日に黒星を喫した横綱・稀勢の里(30)=田子ノ浦=の相撲を振り返った。

 稀勢の里は、小結・嘉風(35)=尾車=に一方的に押し出され横綱昇進後、大関以下の力士に初めて白星を献上した。

 取組を振り返ったアイリは「予想をしていなかったわけではないですけど、切なかった。土俵際までいき跳ね返せない。力が入らない、やっぱり(左が)悪いんだなって思いました」と分析した。

 「実際にテーピングされてましたし、あれだけテーピングされることに抵抗があるお相撲さんが、(テーピング)してまで出たってことは、悪いんだなって思いました。単純に嘉風関がすごかったなとも思います」と解説していた。

最終更新:5/15(月) 11:05

スポーツ報知