ここから本文です

海老蔵の母・堀越希実子さん、嫁・麻央さんと出会った日のことを語る「私は全然知らなくて」

スポーツ報知 5/15(月) 14:43配信

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の母・堀越希実子さんが、15日に放送されたテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演し、13年2月に亡くなった夫・市川團十郎さん(享年66歳)や、長男の妻・小林麻央さん(34)との出会いを語った。

【写真】前向きな小林麻央さん

 團十郎さんは、偶然にも希実子さんとの結婚4日前に、同番組に出演し、結婚へ向けての気持ちを語っていた。

 司会の黒柳徹子(83)と当時の映像を振り返った希実子さんは、懐かしい夫の姿に思わず目頭を押さえ、「いつもおおらかで、私のことも守ってくれていた」と語った。実は、別の見合い話で大阪に向かい、団十郎さんの公演に足を運んだことから、団十郎さんと見合いをすることになったという。

 また、1995年に息子の海老蔵(当時・新之助)と夫が共演した映像には「本当に若かった」と懐かしみ、海老蔵の学生時代を思い返し「呼び出しが学校からあるかなと思うとしかられる。勉強は大嫌いだったみたい学生の頃は…。(現在は)よく子供の面倒をみるからビックリです」と子煩悩な父親になった息子の成長を喜んだ。

 海老蔵が妻・小林麻央さん(34)を初めて家に連れて来た時のことを振り返り「『おふくろ、今日は(家を)キレイにしといてくれる?』というんです。そうしたら、今の嫁を『結婚しようと思う』と連れて来たんです。主人はなんとなく分かっていたみたいだけど、私は全然知らなくて」と語った。

最終更新:5/16(火) 18:24

スポーツ報知