ここから本文です

講談社、誰でも電子書店を作れる「じぶん書店」公開 漫画家の公式書店も

ITmedia NEWS 5/15(月) 20:54配信

 講談社は5月15日、ユーザー自らオーナーとなり、オリジナルの“電子書店”を開設できるWebサービス「じぶん書店」を公開した。講談社の電子書籍から好きな作品を選んで販売でき、売り上げの一部がユーザーに支払われる。今後はサイト内の機能を改善したり、扱えるコンテンツ数を拡充したりする予定。

【画像】じぶん書店の画面

 講談社が展開している3万点以上の電子書籍の中から、売りたい作品を選んで推薦コメントを付けると販売できるサービス。売り上げの10%が専用コインで還元されるアフィリエイト機能を備える。専用コインは電子書籍の購入のほか、他のポイントやマイルとの交換などに使える。書店の開設費用は無料。

 公開に先立ち、4月20日から事前オーナー登録を受け付けていた。5月15日には、一般ユーザーの書店が約4000店、作家・編集者による公式書店が約130店オープン。公式書店には、漫画「島耕作」シリーズで知られる弘兼憲史さんの「書店員 島耕作」や、「累-かさね-」の松浦だるまさんが開いた「松浦だるま書店」などがある。

 今後は、商品登録時の検索機能などを改善する予定。講談社以外の作品、音楽・動画などのコンテンツも取り扱えるようにするという。

最終更新:5/15(月) 20:54

ITmedia NEWS