ここから本文です

<釜石山林火災>鎮圧状態に

毎日新聞 5/15(月) 22:40配信

 岩手県釜石市の山林火災で、市は15日、鎮圧状態になったと発表した。発生から1週間たったが、空と地上からの消火活動や降雨で、今後燃え広がる危険性はなくなったと判断した。

 県によると、火災は8日発生し、強風と乾燥で焼失面積は約400ヘクタールに拡大。神社の小屋を一部焼き、火は一時、集落まで約300メートルに迫った。けが人はいないが、市は一時、近隣の136世帯348人に避難指示を出した。【小鍜冶孝志】

最終更新:5/15(月) 22:40

毎日新聞