ここから本文です

「デッドプール」がアダルトコメディアニメに、米FXXで2018年放送

映画ナタリー 5/15(月) 19:41配信

マーベルコミック「デッドプール」がアニメ化されると、マーベル公式サイトにて発表された。

2016年にライアン・レイノルズ主演で映画化された「デッドプール」は、不死の肉体と超人的な戦闘能力を持つ無責任ヒーロー“デッドプール”の戦いを描く作品。このたびアメリカの放送局FXXにて、1シーズン10話の大人向けコメディアニメとして放送されることがわかった。

コメディドラマ「Atlanta(原題)」クリエイター兼主演のドナルド・グローヴァー、同ドラマの脚本を手がけたステファン・グローヴァーが、このアニメ版「デッドプール」にショーランナー、エグゼクティブプロデューサー、脚本家として参加。マーベルテレビジョン、FXプロダクションズ、ABCシグネチャースタジオズが共同プロデュースする。

FXとマーベルテレビジョンは、これまでに「X-MEN」シリーズのドラマ「レギオン」を製作している。FXネットワークスの社長であるニック・グラッドは、「『レギオン』の成功を受け、マーベルテレビジョンと再び組むことを楽しみにしています」と話す。マーベルテレビジョンのジェフ・ローブは「これ以上楽しいことがあるでしょうか? デッドプールとドナルドとFX。“マーク・ウィズ・ア・マウス(饒舌な傭兵)”にふさわしい!」と、原作コミックのサブタイトルを引用しコメントしている。

タイトル未定のアニメ版「デッドプール」は、2018年に放送予定。

最終更新:5/15(月) 19:41

映画ナタリー