ここから本文です

【次回注目馬】ネームユアポイズン、良馬場で即反撃

スポーツ報知 5/15(月) 13:06配信

◆ネームユアポイズン(5月13日、東京9R・夏木立賞、3歳500万、芝2000メートル=4着)

 デビュー2戦目の未勝利戦を勝ち上がり、連勝を狙って2番人気に支持された一戦だったが、4着に終わった。道中は後方を進み、直線では内を突き、一瞬は伸びを見せたが、最後は脚があがってしまった。

 雨が降り続いたこの日の東京は、重まで馬場が悪化。レースは前半1000メートルが1分3秒7のスローペースで、ウインガナドルが逃げ切りを決めるなど、展開面は向かなかった。

 ルメールは「重い馬場でペースが上がらなかったし、この馬には合わなかった」と、敗因を明確に分析していた。東京マイルでのデビュー戦は、上がり3ハロン最速タイの34秒2の末脚で詰めて4着。中山での初勝利はまくって快勝するなど、まだまだ粗削りな素材。見限るのは早計で、改めて良馬場なら見直したい。(坂本 達洋)

最終更新:5/15(月) 13:06

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ