ここから本文です

銀幕デビューの吉田類、映画主題歌で河島英五の飲んべえソング歌う

音楽ナタリー 5/15(月) 21:51配信

映画「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」で銀幕デビューする“酒場詩人”吉田類が、映画主題歌にも初挑戦。吉田が歌う映画主題歌「時代おくれ」が、6月10日の劇場公開に合わせて配信シングルとしてリリースされる。

【写真】映画「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」より。 (c)2017『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』製作委員会(他1枚)

「時代おくれ」は阿久悠が作詞、森田公一が作曲を手がけ、「酒と泪と男と女」などで知られるシンガー・河島英五が歌った1980年代の楽曲をカバーしたもの。吉田はこの曲について「飲んべえが居酒屋で癒されていく様子は、普段僕が見ている世界と同じなので、感情移入しやすかったです」とコメントしている。

ポリスターのYouTube公式チャンネルには、レコーディングの様子や飲み屋街を歩く吉田の姿をとらえたミュージックビデオが楽曲配信に先駆けてアップされた。

吉田類 コメント
「時代おくれ」の世界観が僕の姿と重なると長尾監督に言われたのは、僕が、時代の流れに媚びず、何者かの価値観に左右されず、絶えずマイペースに生きているからだと思います。今まで歌ってきた洋楽のリズムアンドブルース初期の曲とはタイプが違いましたが、自分の気持ちを乗せやすい曲でした。阿久悠先生が詞に綴った、お父さんの悲哀を背景にしながらも、飲んべえが居酒屋で癒されていく様子は、普段僕が見ている世界と同じなので、感情移入しやすかったです。雑念を持たず、下手に演技したりカッコつけたりせず、素直に、無心な状態で歌うことができました。日本語の歌詞だと歌に魂を込めやすい、ただ僕が歌ったことで、ウェットよりはドライな感じになったと思います。河島英五さんバージョンとは全く違った曲に聴こえるかもしれませんが、その違いを楽しんでいただけたらうれしいです。

吉田類「時代おくれ」収録曲
01. 時代おくれ
02. 吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」のテーマ(Ceddin Deden)
03. 時代おくれ(カラオケ)

最終更新:5/15(月) 21:51

音楽ナタリー