ここから本文です

ハリル監督、65歳誕生日にケーキと日本酒…W杯出場へ沖縄で充電完了

スポーツ報知 5/15(月) 16:03配信

 サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が15日、65歳の誕生日を迎えた。報道陣からケーキと日本酒を贈られると満面の笑み。過去2回の誕生日では体脂肪を気にして口にしなかったケーキも「今日は1・5キロ走ってきたから」と頬張った。

 仕事人間の指揮官だが「ここ数か月休みがなかったから」と5月10~13日まで来日中の夫人と沖縄旅行。「しっかり休養できました」と話すものの、沖縄滞在中もアジア・チャンピオンズリーグをチェックをし、日本代表候補選手のリストを眺めるなど仕事の虫は相変わらず。夫人からは「何でいつもリストを持っているの」と苦言を呈されたと明かし「これ(リストを持ち歩く)を説明するのは難しい」と苦笑いするしかなかった。帰りの那覇空港では修学旅行の生徒とばったり。「1000枚ぐらい写真を撮り、1000枚ぐらいサインをしました」と、うれしそうに話した。

 日本代表は、残り3試合となった2018年ロシアW杯アジア最終予選において、サウジアラビアに得失点差で「1」上回り、B組首位に立つ。最終予選初戦UAE戦こそホームで1―2とつまずいたが、軌道修正に成功。「予選は残り3試合。ここまでの3年間の仕事の成果を残したい」。6大会連続のW杯切符が視野に入り、ハリル監督の気合はより一層高まっている。

最終更新:5/15(月) 19:57

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報