ここから本文です

【DeNA】ラミレス監督、小学校をサプライズ訪問!「夢を諦めないことが重要」

スポーツ報知 5/15(月) 16:28配信

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(42)が15日、横浜市立豊岡小学校をサプライズで訪問し、同校の6年生と一緒にカレーを食べたほか、夢を語る特別授業などを行った。

 DeNAは、選手寮「青星寮」で提供している「青星寮カレー」のレシピを横浜市内の学校給食用に提供。この日から給食献立として提供が始まったことを記念して、ラミレス監督と下園辰哉外野手(32)、黒羽根利規捕手(29)が同校を訪問した。全校生徒の前で下園と黒羽根がキャッチボールを披露したほか、6年生を対象として特別授業では、指揮官が「小学生の頃はプロ野球選手になるのが夢でした。みなさんも夢を諦めないことが重要です」と力説した。

 その後は、3人が6年生の3クラスに分かれて青星寮カレーを配膳し、生徒と一緒に食べた。ラミレス監督は「小学生と交流が持てて非常に楽しかったです。このカレーは野菜もたくさん入っているし、栄養素的にもすばらしいと思う。こういった企画を球団が始めたというのは、本当に素晴らしいことだと思います」と話した。

最終更新:5/15(月) 16:28

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報