ここから本文です

アマチュア横綱の矢後、初陣白星「めちゃくちゃ緊張しました」

スポーツ報知 5/15(月) 17:14配信

◆大相撲夏場所2日日 ○矢後(送り出し)栃丸●(15日・両国国技館)

 大相撲夏場所2日目が行われ、昨年アマチュア横綱で幕下15枚目格付け出しの矢後(22)=尾車=が、プロデビュー戦を白星で飾った。東幕下16枚目の栃丸(24)=春日野=を送り出し。「めちゃくちゃ緊張しました。内容はそんなによくなかった。途中でスタミナが切れた」。背を向ける場面もあったが、約20秒の熱戦を制した。

 硬くなった。アマ横綱としてのプライド、会場にあった両親の姿。師匠の尾車親方(元大関・琴風)は、「余計に緊張しまくっていた。朝から戦場に行くような顔だった」と重圧と戦っていたことを証言した。前日に学生時代のライバル、水戸龍(錦戸)が黒星。悪い予感がさらにふくらんだが、師匠の「これで終わるわけじゃない」という一言で肩の力を抜いた。

 白星を奪うと花道の奥で待ちかまえた約30人の報道陣に囲まれた。「膝も問題ない。当たって前に出る相撲を心がけた」と初土俵を振り返った。(場所の)雰囲気はわかった、でも明日も緊張すると思う」。土俵正面で観戦した同親方も「内容よりも勝ったことで良し」と胸をなで下ろしていた。

最終更新:5/15(月) 19:29

スポーツ報知