ここから本文です

元朝青龍、稀勢の里にケガの完治を最優先させるよう忠告

スポーツ報知 5/15(月) 19:00配信

◆大相撲夏場所2日目 ○稀勢の里(寄り切り)隠岐の海●(15日・両国国技館)

 元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(36)が15日、大相撲夏場所で3場所連続優勝を目指す横綱・稀勢の里(30)へ、負傷した左肩の完治をまず目指すべきとツイートした。

 2日目を砂被りで観戦し取組前の稀勢の里の写真を「痛そう」とのコメントとともにツイートした高須クリニック・高須克弥院長(72)にリプライ。「だからやるな!!完璧にしたから土俵に上がれ!!(原文ママ)」と持論を明かした。

 ドルジ氏は稀勢の里が春場所で負傷を押して優勝した直後に「稀勢の里の左肩全然力が入らない!!しかし勝ちたい気持ちが溢れる!!」と感動したとのツイートを行っている。

 黒星発進を喫した稀勢の里は夏場所2日目、隠岐の海を寄り切りで下し、連敗を回避した。

最終更新:5/15(月) 22:47

スポーツ報知