ここから本文です

65歳の誕生日ハリル監督、イラク戦招集メンバー増やす

スポーツ報知 5/16(火) 6:04配信

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が65歳の誕生日を迎えた15日、取材に応じ、2018年ロシアW杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、イラン・テヘラン)の招集メンバーについて、ベンチ入りの23人よりも多く選出する可能性を示唆した。

 左足小指骨折で離脱中のMF今野泰幸(34)=G大阪=、出場機会が少なく試合勘を失っているFW本田圭佑(30)=ACミラン=ら、コンディションに不安を抱えている選手も多く「リストの人数を増やすかもしれない」と明言。「W杯に駒を進めるため決定的と言える試合」とするイラク戦のベンチ入りメンバーを「手元で状態を見て確認したい」と、親善試合シリア戦(6月7日・東京ス)と合宿での動きを見て決める方針だ。

 “仕事の虫”の指揮官だが、今月10~13日までディアナ夫人と沖縄に旅行した。「ゆっくり休めた」と話しながらも、滞在中にACLのチェックや日本代表候補のリストを眺めることもあり、夫人から「何でリストを持っているの」と怒られ「その説明は難しいんだよと言いました」と苦笑い。報道陣から誕生日ケーキと日本酒が贈られるとご満悦だった。

最終更新:5/16(火) 6:04

スポーツ報知