ここから本文です

桂歌丸が退院 今後は自宅静養「またお会いできますことを心待ちに」

5/15(月) 11:20配信

オリコン

 4月16日より細菌性肺炎、COPD急性増悪、およびCO2ナルコーシスなどの症状で入院していた落語家の桂歌丸(80)が5月13日に退院したことがわかった。きょう15日、文書でコメントを寄せた歌丸は、今後について「しばらくは自宅で静養」するとした。

【写真】『笑点』勇退の歌丸、新司会の春風亭昇太とガッチリ握手

 歌丸は直筆の署名とともに退院を報告し、「皆さまにはご多大なるご迷惑をおかけいたしました。また、ご心配おかけいたしました。皆さま方からの多数の励ましのお手紙をいただきまして、大変心強く感じました」と感謝。続けて「しばらくは自宅にて静養し、体と相談しながら復帰を目指したいと思います。また各落語会でお会いできますことを私も心待ちにしております」と呼びかけている。

 歌丸は肺炎などの症状で4月16日に入院し、今月は落語会など予定していた公演をすべて休演とした。落語芸術協会は9日、ORICON NEWSの取材に対し、順調に回復に向かっていることを明かし、復帰時期については体調をみつつ判断していくと話していた。

最終更新:5/15(月) 14:16
オリコン