ここから本文です

東京株、午前の終値、41円安の1万9842円

産経新聞 5/15(月) 11:41配信

 15日午前の東京株式市場は続落した。東京株の午前の終値は、前週末比41円75銭安の1万9842円15銭だった。外国為替市場で円買いが優勢になったことなどが嫌気された。下げ幅は100円を超える場面もあった。北朝鮮が14日に弾道ミサイルを発射したことによる朝鮮半島情勢の緊迫化も警戒され、積極的な買いが手控えられた。

 東証株価指数(TOPIX)は3・83ポイント安の1576・88で午前の取引を終えた。

最終更新:5/15(月) 11:41

産経新聞