ここから本文です

鳩山元首相「習主席の演説は高い評価…何か日本が取り残されている感がある」

産経新聞 5/15(月) 13:26配信

 鳩山由紀夫元首相が14日、中国・北京で開かれている現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際協力サミットフォーラムと、北朝鮮による弾道ミサイルの発射についてツイッターで言及した。

 鳩山氏はツイッターで、一帯一路の国際協力サミットフォーラムが北京で開かれていると紹介。その上で、「習近平主席の演説は高い評価です。一帯一路の目的は1に平和、2に繁栄です。何か日本が取り残されている感があります」と指摘。

 さらに北朝鮮が14日に強行した弾道ミサイルの発射に関して、「北朝鮮がミサイルを発射したようですが、誰一人言及しませんでした。日本では騒いでいるようですね」と論評した。

 鳩山氏は13日には一帯一路のフォーラムに招待されたとして北京を訪問することを報告。自民党の二階俊博幹事長の中国訪問を歓迎し、日本が中国主導の国際金融機関アジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を決断するのではないかと期待しているとつづっている。

最終更新:5/15(月) 13:26

産経新聞