ここから本文です

事故の中垣内監督は不在 バレーボール男子代表合宿

産経新聞 5/15(月) 19:32配信

 2020年東京五輪でのメダル獲得を目指すバレーボール男子日本代表が15日、東京都内で今季初の強化合宿を公開した。昨年11月に広島県内で人身事故を起こして書類送検され、対外活動を控えている中垣内祐一監督は出席せず、記者会見した日本協会の木村憲治会長が「被害者、関係各位に大変申し訳なく、おわび申し上げたい」と陳謝した。

 元フランス代表監督のフィリップ・ブラン監督代行は「選手の技術を上げ、若いタレントを発掘したい。守備で相手にプレッシャーを与えるシステムを構築したい」と抱負を述べた。合宿は11日に始まり、7月の18年世界選手権アジア最終予選(豪州)突破が最初の照準となる。主将には26歳のセッター深津英臣(パナソニック)が指名された。

最終更新:5/15(月) 19:32

産経新聞