ここから本文です

韓国新政権 習主席、文大統領との電話に「満足」 政治哲学と理念を評価

産経新聞 5/15(月) 21:17配信

 【北京=藤本欣也】聯合ニュースによると、中国の習近平国家主席は14日夜、北京で開かれた「一帯一路」関連の国際会議に出席した韓国の朴炳錫国会議員と会談し、文在寅大統領との11日の電話会談に満足の意を示した上で、文氏の政治哲学と理念を高く評価した。

 朴氏は与党、共に民主党に所属し今回の韓国政府代表団の団長を務めている。急きょ設定された会談は約10分間行われ、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」については話し合われなかったという。

 一方、北朝鮮の池在竜駐中国大使は15日、一部メディアを対象に北京の大使館で記者会見を行った。聯合ニュースなどによると、文新政権に対し「北南合意を徹底履行することが重要だ」と強調。14日に発射した弾道ミサイルに関しては「並進路線貫徹のためのプロセスだ」と主張した。

最終更新:5/15(月) 21:17

産経新聞