ここから本文です

アンジュルムが武道館公演 全24曲でファンを狂喜乱舞

サンケイスポーツ 5/16(火) 0:05配信

 女性9人組アイドルグループ、アンジュルムが15日、東京・日本武道館で全国ツアーのファイナル公演を開催。6月21日発売のトリプルA面シングル「愛さえあればなんにもいらない/ナミダイロノケツイ/魔女っ子メグちゃん」を初披露した。

 1年ぶり5度目(スマイレージ時代を含める)の武道館。今回のテーマは「スマイレージ×アンジュルム」。旧芸名・スマイレージ時代の楽曲を含めた全24曲でファンを狂喜乱舞させた。

 6500人のファンを前にキレのあるダンスで魅了。ヒット曲「大器晩成」などを歌い踊ると、13歳で最年少の笠原桃奈は「ここまで色んな方に心配かけて、色んな方に助けてもらって…」と涙。それに連られたメンバーが次々と泣き出す中、和田彩花はリーダーらしく「8人とスタッフの皆さん、ファンの皆さんと合わせて成り立ってます。この最高の景色を来年も武道館で見たいです」と晴れやかな笑顔で締めた。

最終更新:5/16(火) 12:27

サンケイスポーツ