ここから本文です

大人気のあのフルーツを使ったお酒が両関酒造から期間限定発売!/秋田

CNA秋田ケーブルテレビ 5/15(月) 10:11配信

CNA秋田ケーブルテレビ

両関酒造株式会社(湯沢市前森)が、地元湯沢市名産の、宝石にもたとえられるあの高級フルーツを使ったお酒を期間・本数限定で発売しました。両関酒造の伊藤康朗代表取締役にお話を聞きます。

・両関酒造について

「創業は明治7年、150年近く続いている酒造会社です。土壁の蔵4つと母屋の計5つの建物からなっています。この5つの建物は国の登録有形文化財に登録されており、今も現役で使われています」

・地元のフルーツを使ったお酒について

「地元湯沢産のさくらんぼを使ったリキュール「さくらんぼのお酒」を発売しました。さくらんぼは湯沢で豊富に採れており、お酒に漬け込んでいうまくできないかということで、試行錯誤を重ね、2年ほどかかってやっと発売にこぎつけました」

・味の特徴は?

「寝かせた期間が長いので深みのある味わい、お酒のしっとり感がよく出ています」

・本数に限りがある?

「500本ほどしか作れなかったため、いま市場に出ているものが全て。店頭で見かけた際はぜひお買い上げいただければ、と思います」

さくらんぼのお酒(500ml)/1,080円(税込) 期間・本数限定

CNA秋田ケーブルテレビ

最終更新:5/15(月) 10:11

CNA秋田ケーブルテレビ