ここから本文です

ジャクリーヌ・ケネディが愛用した「カルティエ」の腕時計がオークションに!

5/15(月) 21:10配信

ELLEgirl

永遠のスタイルアイコンとして、今もなお世界中の女性を魅了するジャクリーヌ・ケネディが愛用していた時計は「カルティエ」のタンクシリーズ。'70年代に撮影されたジャクリーヌの写真にも、たびたび登場している。そんなジャクリーヌの愛用ウォッチと彼女が描いたオリジナルの絵画が、6月21日(現地時間)にクリスティーズで開催されるオークション「レア・ウォッチズ・アンド・アメリカン・アイコンズ(Rare Watches and American Icons)」に出品されることが明らかに! 推定落札価格は、2点合わせて60,000~120,000ドル(約680万~1,360万円)と言われているが、このウォッチと絵画にはあるストーリーが隠されていた。

【写真】ジャクリーンほか、歴代ファーストレディが大統領の就任パーティで纏ったドレスを総覧

1908年にセオドア・ルーズベルトが発令した「海兵隊士官は50マイル(80キロ)のハイキングコースを20時間以内に完歩しなければならない」という大統領令。これにインスパイアされたというジョン・F・ケネディ大統領は1962年、当時のアメリカ海兵隊やホワイトハウスのスタッフ、そしてアメリカ国民に対し、再びこのチャレンジに挑むよう呼びかけた。また、運動不足で体がなまっていた義弟スタニスラス・ラジウィル王子と親しい友人のチャールズ・F・スポルディングにも声をかけたそう。

挑戦状を受けたラジウィル王子とスポルディング氏は1963年2月23日、パームビーチのサンシャイン・ステイト・パークウェイを午前2時5分に出発し、ゴールを目指すことに。ハイキングブーツを履き、気合いの入る2人ではあったけれど、車で側近を同行させたり、ステーキやシャンパン、オレンジジュースなど、欲しいものがあれば無線で大統領にリクエストしていたというセレブらしいエピソードも。チャレンジ中は、ジャクリーヌや彼女の妹リー・ラジウィル、ケネディ大統領も応援に駆けつけたのだそう。

その甲斐あり、彼らは同日の午後9時35分、80キロのハイキングコースを19時間30分でゴール。それを記念し、ラジウィル王子とジャクリーヌはギフトを交換したという。ラジウィル王子はジャクリーヌに、「スタースからジャクリーヌへ 1963年2月22日 午前2時05分から午後9時35分」と刻まれたカルティエのタンクシリーズの時計を。ジャクリーヌはラジウィル王子に「1963年2月22日 午前2時05分から午後9時35分/ジャクリーヌからスタースへ、愛と称賛を込めて」というメッセージ入りの絵画をプレゼント。そんなプライスレスな価値を持つ逸品が、一体いくらで落札されるのか、続報を待ちたい。
(Translation: Reiko Kuwabara)

最終更新:5/15(月) 21:10
ELLEgirl