ここから本文です

シニアカーは歩道走行して

ミニ事件簿 5/15(月) 16:02配信

 先日、竹田署員が竹田市内の国道で交通検問をしていると、シニアカーが車道の端を走っていた。「危ない」。署員は驚き、停止させたところ、乗っていたのは90代の男性。新車だったらしく、上機嫌で「散歩中ですよ」。署員は「シニアカーは歩行者と同じ扱い。危険ですから歩道を走行してください」と促したが、近くに段差の切れ目はない。持ち上げることはできず、結局、数十メートル先まで同行して、歩道に上がるのを見届けた。「高齢者の事故が増えている。シニアカー利用者もドライバーも十分注意してほしい」と呼び掛けていた。

大分合同新聞社

最終更新:5/15(月) 16:02

ミニ事件簿