ここから本文です

岡山大病院に先進医療の中核施設 総合診療棟・西棟が完成

山陽新聞デジタル 5/15(月) 10:45配信

 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)の先進医療の中核となる総合診療棟・西棟が完成し14日、本格運用が始まった。創薬施設や臨床試験病床などを備えている。

 鉄骨鉄筋コンクリート7階地下1階(延べ1万3237平方メートル)を入院棟北側に建設。6階に新しい薬や医療機器を生み出すための「新医療研究開発センター」と、手術や検査で採取した組織や血液を保管、医学研究などに活用する「バイオバンク」、臨床試験病床(6床)を配置した。

 他のフロアには内視鏡や最先端CT(コンピューター断層撮影)といった診療機器、血液透析、リハビリテーション設備などを整備した。2014年6月に着工し、事業費は約52億円。

 この日、院内で竣工(しゅんこう)式があり、県内外の医療関係者ら約150人が出席。金澤右病院長が「病院の心臓に当たる施設が完成した」などとあいさつした。施設見学も行われた。

最終更新:5/15(月) 10:45

山陽新聞デジタル