ここから本文です

関東や北日本で大気不安定 雷に注意

ウェザーマップ 5/15(月) 5:04配信

 きょう15日は、東・北日本で雨が降りやすく、大気の状態が不安定になるため、北日本では夜にかけて、関東北部では午後に、雷に注意が必要となる。

 上空に寒気を伴っている低気圧が日本海をゆっくりと東へ進んでいて、午前5時現在、東北北部や北海道の一部で雨が降っている。北日本では、このあとも雨が降ったり止んだりのぐずついた天気が続きそうだ。また、低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるため、夜にかけて落雷や突風にも注意が必要となる。

 関東もきのうに続き雲の多い空模様となり、東京や神奈川、千葉では、午前中に所々で弱い雨が降る見込み。また、関東北部では、午後を中心に大気の状態が不安定となるため、急な強い雨や雷雨のおそれがある。東海や北陸も曇りがちとなるがこちらは晴れ間の出るところもありそうだ。
 一方、西日本は、高気圧に覆われて安定して晴れる見込み。梅雨入りした奄美や沖縄もきょうは晴れるが、沖縄では夜遅くから再び雨となりそうだ。

 きょうの日中の気温は、関東や東北の太平洋側ではきのうより高く、関東は21℃前後で、ほぼ平年並みの予想。気温はそれほど高くないものの、湿度が高く、蒸し蒸しとしそうだ。西日本は25℃前後で、日中は汗ばむ陽気となる。(気象予報士・染井明希子)

最終更新:5/15(月) 6:16

ウェザーマップ