ここから本文です

ホームで優勝など絶対にさせない! ローマ、意地の逆転勝利で今節でのユーヴェ6連覇を阻止

theWORLD(ザ・ワールド) 5/15(月) 6:02配信

逆転スクデット獲得へ一縷の望みをつないだローマ

14日にセリエA第36節が行われ、ローマがユヴェントスをホームのスタディオ・オリンピオへ迎え入れた。

引き分け以上でユヴェントスのリーグ6連覇が決まるこの一戦。ローマはエースストライカーのエディ・ジェコを負傷で欠く一方で、同じく負傷欠場が噂されていたラジャ・ナインゴランはスタメンに名を連ねた。対するユヴェントスは、ミッドウィークのコッパ・イタリア決勝を考慮してか、パウロ・ディバラやダニエウ・アウベス、ジョルジョ・キエッリーニら、主力の何名かがベンチスタートとなっている。

試合は、序盤から両チームが激しいプレッシャーをかけ、目まぐるしい攻守の切り替わりが行われる。すると、21分にスコアが動く。ステファノ・ストゥラーロの左アーリークロスをファーサイドに走りこんだゴンサロ・イグアインが落とすと、これをマリオ・レミナが落ち着いてゴールへ流し込み、ユヴェントスが先制に成功。しかし、ローマも直後の25分に反撃を試みる。右CKからジャンルイジ・ブッフォンに2度シュートを阻止されるも、ダニエレ・デ・ロッシが押し込み、すぐさまスコアをタイに戻す。

その後、両チームが決定機を何度か迎えるもGKの活躍が目立ち、1-1でハーフタイムを迎えている。

後半に入ると、ローマがユヴェントスゴールを襲う。56分、素早いリスタートから細かいパスをつなぎ、最後は左斜め45度の角度からエル・シャーラウィがゴールネットを揺らし逆転。さらに65分、モハメド・サラーとのワンツーでエリア内へ侵入したナインゴランが豪快にゴールネットへシュートを突き刺し、追撃に成功した。

試合はこのまま終了し、3-1でローマがユヴェントスを相手に逆転勝利。ユヴェントスの今節での優勝を阻止し、ローマは逆転スクデット獲得へ一縷の望みをつないだ。次節、ローマはキエーヴォとアウェイで、ユヴェントスはクロトーネをホームで対戦予定である。

[スターティングメンバー]
ローマ:シュチェスニー、リュディガー、マノラス、ファシオ、エメルソン、デ・ロッシ、パレデス、サラー(→トッティ 90+3)、ナインゴラン(→ジェズス 78)、エル・シャーラウィ、ペロッティ(→グルニエ 70)

ユヴェントス:ブッフォン、リヒトシュタイナー(→D・アウベス 64)、ボヌッチ、ベナティア、アサモア、ピャニッチ、レミナ、クアドラード(→マルキージオ 77)、ストゥラーロ(→ディバラ 69)、クアドラード、マンジュキッチ、イグアイン

[スコア]
ローマ 3-1 ユヴェントス

[得点者]
ローマ:デ・ロッシ(25)、エル・シャラーウィ(56)、ナインゴラン(65)
ユヴェントス:レミナ(21)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/15(月) 6:07

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合