ここから本文です

石田純一の姉・桃子が弟の「過去のサバ読み」を暴露

5/15(月) 17:30配信

トレンドニュース(GYAO)

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。5月13日の放送では、タレント・石田純一の姉でピアニストの石田桃子が登場しました。

東尾理子に石田純一のエゲつない秘密を留守電で暴露>>

■弟への留守電長すぎ!

石田桃子の反省は、「留守番電話が長すぎること」。スマートフォンでも携帯電話でも、留守番電話は約3分。用件だけなら簡単に終わるはずですが、石田の留守電へのメッセージは、ほとんど3分で終わらないのだそうです。

番組では、石田がリハーサルのスケジュールをスタッフに伝える伝言が公開されましたが、雑談交じりで肝心のスケジュールが入りきれませんでした。弟の石田純一へのメッセージでは、3分間で入りきらず、かけ直し。それでも入りきらず計4回もかけたことがあるそうです。

■弟の過去もポロッと暴露

留守電に入りきれないほど話す桃子ですが、スタジオでもしゃべるしゃべる。話題は当然純一のことに。“天然”なこの姉、純一がかつて年齢をサバ読んでいたことなど秘密を暴露します。サバ読みについては「弟もいい年してから出てきたので、事務所の方でちょっと(プロフィールをいじった)……」と明かし、「今は本当です」とフォローしました。お騒がせ一家にこの姉ありと思わせるお姉さまでした。

禊(みそぎ)も、弟・純一に関連することに。なんと純一の嫁、東尾理子に「秘密を留守電で暴露」。スタジオから理子に電話を入れる桃子。理子がカリカリしそうな秘密を暴露していました。この模様も放送されます。

(文/関口賢@HEW)