ここから本文です

チェルシーで出番限られる若手2選手に昇格組ニューカッスルが興味 レンタルでの獲得検討

theWORLD(ザ・ワールド) 5/15(月) 10:40配信

チェルシーで出番掴むのは難しいか

今季のプレミアリーグを制したチェルシーは、チャンピオンズリーグなど欧州カップ戦がなかったこともあってスタメンの顔ぶれがほとんど変わらなかった。その影響で出場機会が限られていた選手もおり、それに来季プレミアリーグに昇格することが決定しているニューカッスルが目をつけているようだ。

カンテでもアザールでもなく、ランパードが優勝のMVPに選んだのは

英『Squawka』によると、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテスはチェルシーでほとんど出場機会がないDFナタン・アケとMFルーベン・ロフタス・チークの若手2名をレンタルで獲得したいと考えているという。ベニテスはプレミアリーグで戦えるチームを作るために陣容を大幅に替える考えも持っているようで、こうしたレンタルでの補強も重要なポイントとなりそうだ。

アケは今季途中まではレンタルの形でボーンマスでプレイしており、そこで良いパフォーマンスを見せていた。サイドバック、センターバックの両方をこなせることも強みで、将来が楽しみな選手の1人だ。一方のロフタス・チークは以前から才能を高く評価されているものの、今季はここまでリーグ戦の出場試合数がわずかに6。中盤はエンゴロ・カンテやネマニャ・マティッチに占拠されており、割って入るのは簡単ではない。

2人とも出場機会を確保するためにはチェルシーを離れるべきかもしれないが、昇格組ニューカッスルが彼らの才能を活かす場となるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/15(月) 10:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合