ここから本文です

さあ五島へ!プロモーション動画公開 ドローン使い撮影 交流人口の拡大に期待

長崎新聞 5/15(月) 10:41配信

 長崎県五島市は、小型無人機ドローンを使って島内の自然や教会などを撮影したプロモーション動画「五島への癒やしの旅」を制作した。今月から動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開しており、島内外のイベントや五島行きの定期船が出る港でPRし、観光の営業活動でも活用する予定。

 市が昨年度、交流人口拡大を目指し、福江ケーブルテレビに制作を委託。▽壮大な自然を捉えている「ただ癒やされよう」▽点在する教会を紹介している「祈りの島」▽郷土料理や釣り、各種スポーツイベントなど島ならではの体験の様子を映している「さあ五島へ」-の三つの動画で構成。計14分22秒で、2分ほどに集約したダイジェスト版も作った。

 撮影のためドローンを飛ばした回数は331回。飛行時間は40時間近くで、特に自然は「島内の人でも気付かないような美しさ」(同テレビ)がふんだんに盛り込まれている。

 市ホームページからも「ユーチューブ」の再生画面に移ることができる。市観光物産課は「一人でも多くの人に『五島に行ってみたい』と思ってもらえればうれしい」と期待を込めて話した。

長崎新聞社

最終更新:5/15(月) 10:41

長崎新聞