ここから本文です

ナダルがクレーコート3大会連続制覇 [マドリッド/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 5/15(月) 13:28配信

「ムトゥア マドリッド・オープン」(ATP1000/スペイン・マドリッド/5月7~14日/賞金総額543万9350ユーロ/クレーコート)の男子シングルス決勝で、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を7-6(8) 6-4で破り、3年ぶり5度目の優勝を果たした。試合時間は2時間17分。

ナダルが連敗に終止符を打ち、ジョコビッチを圧倒「本当に重要な勝利だ」 [ムトゥア マドリッド・オープン]

 ナダルは4月にモンテカルロ(ATP1000)とバルセロナ(ATP500)でもタイトルを獲得しており、クレーコート3大会連続制覇で今季3勝目を挙げた。ティームとはバルセロナの決勝でも対戦し、ナダルが6-4 6-1で勝っていた。

 今大会のナダルは、2回戦でファビオ・フォニーニ(イタリア)を7-6(3) 3-6 6-4で、3回戦で第16シードのニック・キリオス(オーストラリア)を6-3 6-1で、準々決勝で第9シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を7-6(3) 6-2で、準決勝では第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-2 6-4で破って勝ち上がっていた。

 この結果でナダルはATPマスターズ1000の大会で30度目のタイトル獲得を果たし、ジョコビッチの持つ最多記録に並んだ。

 男子ダブルス決勝も行われ、第4シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)が第6シードのニコラ・マウ/エドゥアール・ロジェ バセラン(ともにフランス)を7-5 6-3で下して優勝を飾った。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:MADRID, SPAIN - MAY 14: Rafael Nadal of Spain celebrates after winning at match point against Dominic Thiem of Austria in the final during day nine of the Mutua Madrid Open tennis at La Caja Magica on May 14, 2017 in Madrid, Spain. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:5/15(月) 13:29

THE TENNIS DAILY