ここから本文です

救急搬送のため飛んだ陸上自衛隊機が墜落か 患者は救急車で病院に到着

BuzzFeed Japan 5/15(月) 16:14配信

5月15日午前11時47分ごろ、北海道上空を飛んでいた陸上自衛隊の「LR2連絡偵察機」がレーダーから消えた。防衛省が発表した。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

【写真】北方領土にいた日本人の暮らし

北海道南部の厚沢部町にある鶉ダム付近に「墜落か」とNHKが報じている。北海道LR2連絡偵察機は、4人が乗っており、札幌丘珠空港を離陸し、レーダーから消えたのは函館空港へ向かう途中だった。

患者の救急搬送のため

飛行は、北海道知事の災害派遣要請を受け、患者の救急搬送のためだった。

患者の搬送は、どうしたのか。BuzzFeed Newsは北海道庁に問い合わせた。

北海道庁危機対策課によると、函館市内の函館五稜郭病院に入院していた50代の男性患者の容態が悪化した。

専門的な治療を受けるため、札幌市の札幌医科大学附属病院に搬送しようと、函館空港で陸上自衛隊の当該機を待っていた。しかし、当該機はこなかった。

男性は重症であり、急遽、救急車で同病院に搬送する対応をとった。午後6時20分頃、容態はさらに悪化することなく、到着したという。

一方で、消息がわからなくなった隊員の安否などは、まだ不明の状態だ。現場付近には消防や、航空自衛隊の救難ヘリや捜索機が向かうなど、懸命な捜索活動が続けられているという。

最終更新:5/15(月) 18:58

BuzzFeed Japan