ここから本文です

ジブリの大博覧会 入場7万人突破 長崎歴史文化博物館

長崎新聞 5/15(月) 10:41配信

 長崎市立山1丁目の長崎歴史文化博物館で開催中の企画展「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」(長崎新聞社、NIB長崎国際テレビ、同館主催)の入場者数が14日、累計7万人を突破した。記念セレモニーがあり、協賛している大誠ハウスの金子雄治社長が、7万人目の諫早市若葉町の井上寛菜ちゃん(4)に記念品を贈った。

 寛菜ちゃんは母親の愛さん(34)と来場。普段から自宅で映画「となりのトトロ」を観賞していて、同展のテレビCMを見た寛菜ちゃんが「行きたい」と熱望したという。寛菜ちゃんは記念品として受け取ったトトロの縫いぐるみを笑顔で抱き締めていた。愛さんは「ジブリ作品があふれた空間の雰囲気を楽しみたい」と話した。

 2005年に同館と県美術館が開館して以来、両館の企画展で入場者が7万人を超えたのは初めて(会期が1年の企画展を除く)。ジブリの大博覧会は6月25日まで(5月15日は休館)。

長崎新聞社

最終更新:5/15(月) 10:41

長崎新聞