ここから本文です

「タカガールデー」初の女性3万人超え 鳥越コーチらピンクリボン活動も 乳がん早期検診啓発

5/15(月) 8:03配信

西日本スポーツ

 母の日でもあった14日の楽天戦は女性ファンのための「タカガールデー」として開催された。2006年に始まった「女子高生デー」を14年に改称し、4年目の今年の入場者は3万8585人で今季5度目の満員御礼。そのうち女性は8割近い3万357人で、タカガールデーとして初めて3万人を超えた。女性の来場者にピンク色の限定ユニホームが配られたほか、試合ではピンク色のベースを使用。スコアボードの文字もピンク色になった。始球式は福岡県出身の女優でタカガールアンバサダーの西内まりやが務める予定だったが、体調不良のため同県出身の女優吉本実憂が代役で登板した。

【写真】真顔で「はぁっ!」空手の上段突きを披露する川崎

 イベントは乳がん検診の早期受診を推進するピンクリボン活動にも協力しており、試合前に五十嵐、中田、サファテ、森と、08年に妻を乳がんで亡くした鳥越内野守備走塁コーチがヤフオクドームの外周コンコースで啓発活動を行った。

=2017/05/15付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:5/15(月) 8:03
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 21:20