ここから本文です

ロバート秋山、なりきり芸の人気に弊害も!?「これは『秋山』でやらせてくれよ」

5/15(月) 18:34配信

トレンドニュース(GYAO)

架空の人物になりきる芸で大ブレーク中のお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が、なりきり芸を求められる場面が多すぎるという悩みを明かした。

ゴッドタン 2017/5/13放送分>>

5月13日深夜放送のテレビ東京系「ゴッドタン」では、「第7回コンビ愛確かめ選手権」として、ロバート、アルコ&ピース、メイプル超合金の3組が、相方との関係をチェックするための企画に挑んだ。相方の悩みを当てる企画の中で、秋山は、「キャラクターに化けてやる仕事が多すぎる」という最近の悩みを告白。“実際には存在しないけれども、いかにもいそうな人物”にふんするネタでひっぱりだこの秋山だが、「ロケで、『これは“秋山”でやらせてくれよ』っていうときに、謎のカツラおじさんとしてやるみたいな……。よくわからない肉屋のマスターに扮装(ふんそう)させられた」となりきり芸の人気の弊害について冗談めかしてこぼした。

しかし、ロバート・山本博が予想した秋山の悩みは、「ロバートの笑いに対する要求に僕(山本)がまだ応えられていないこと」。あまりに卑屈な山本の回答に、秋山は大笑いしていた。

(文/原田美紗@HEW)