ここから本文です

3人に1人の子どもが貧困。沖縄のいまが見える9つの事実

5/15(月) 17:33配信

BuzzFeed Japan

5月15日、沖縄が本土に復帰してから45年が経った。いまだ多くの米軍基地が集中し、山積するさまざまな問題について、BuzzFeed Newsは9つの数字をまとめた。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

県が2017年4月に発行した「沖縄から伝えたい。米軍基地の話。Q&A Book」や各種報道を参考にしている。

1. 沖縄にある米軍基地:全国の70.6%

面積比。県内人口の9割が集中している沖縄本島は、約15%が米軍基地で占められている。

全島で見れば、その広さは東京23区のうち13区分に当たるという。

2. 米軍関係の航空機事故:709件

45年間の累計。うち墜落が47件、不時着は518件だった。

1959年には、沖縄本島中部(今のうるま市)にある小学校に戦闘機が墜落。11人の児童を含む17人が死亡、210人の重軽傷者を出した。

3. 米軍人・軍属等による刑法犯罪:5919件

45年間の累計。このうち殺人、強盗、強姦などの凶悪犯が576件にのぼる。2016年には、うるま市の女性(当時20歳)が米軍属の男に殺害された。

「日米地位協定」があるため、米軍人・軍属らが犯罪を起こした場合はアメリカ側の裁判権が優先される。この見直しを求める声は大きい。

4. 基地関連収入:5.7%(2426億円)

基地関連収入が県民総所得に占める割合は、復帰前の1965年度には30.4%だったが、1972年度には15.5%と低下。いまでは5.7%まで大幅に低下している。

それゆえ、沖縄県は「米軍基地の存在は、沖縄経済発展の最大の阻害要因になっている」という立場だ。返還された跡地のほうが経済効果が大きいこともわかっている。

5. 子どもの貧困率:29.9%

沖縄県が2016年4月に発表した調査結果より。全国平均16.3%(内閣府、2015年)の2倍近い値だ。

貧困率(山形大・戸室健作准教授の調査)を見ても、沖縄は過去20年間もっとも値が高い県だった。2012年は34.8%と、全国平均の18.3%を大きく上回る。

戦後27年間、アメリカの統治下に置かれていたため、インフラや福祉環境の整備が遅れたことに起因しているという見方もある。

1/2ページ

最終更新:5/15(月) 17:33
BuzzFeed Japan