ここから本文です

“人事を尽くして天命を待つ” メッシ沈黙もネイマールのハットでしっかり勝ち点3

theWORLD(ザ・ワールド) 5/15(月) 11:20配信

優勝へ勝つしかないバルセロナ

日本時間14日早朝3:00より、リーガ・エスパニョーラ第37節の試合が行なわれた。優勝に向け勝利が絶対条件のバルセロナは、ラス・パルマスのホームに乗り込んだ。

バルセロナは試合前にアクシデントが起こる。スターティングメンバーに名を連ねていたマスチェラーノが、ウォーミングアップ中にハムストリングを痛め、急遽マルロンが先発となった。

バルセロナは試合序盤から積極的にゴールを狙いにいく、しかし6分に一瞬の隙からピンチに遭う。ラス・パルマスのヘセが裏に抜けだすと、思わずディーニュが後ろから倒してしまう。レッドカードでもおかしくない場面だが、審判はイエローカードを提示。

判定に助けられたバルセロナだが、またしてもディーニュが危ないプレイを犯す。今度はビエラと競り合った際に、ディーニュの肘がビエラの顔面に当たり出血。ラス・パルマスの選手はカードを要求するも、カードは出ない。なんとか切り抜けた形のバルセロナは、その直後ネイマールが均衡を破る。イニエスタのアウトサイドパスに抜け出したスアレスがGKと1対1になると、横にいたネイマールにパス。これをネイマールが落ち着いて決め、バルセロナが先制に成功する。その2分後に今度はネイマールからスアレスへ絶妙なスルーパス。GKとの1対1を制したスアレスが追加点を決め、バルセロナが前半を2点リードで折り返した。

後半猛攻を仕掛けたのは、ホームのラス・パルマスだ。63分、自陣でパスカットしたビガスがそのまま前線に上がり、右サイドからのクロスをそのビガスが合わせ1点差に詰め寄る。スタジアムの熱気は最高潮になるも、直後にネイマールがその歓声を打ち消す。右サイドからのラキティッチのクロスにネイマールが合わせ、追加点。その4分後にもネイマールがこの日ハットトリックとなるチーム4点目を決め、ラス・パルマスを完全に引き離した。その後はバルセロナが試合を優位に進め、1-4でバルセロナが勝利を収めた。

優勝に向け勝利しかないバルセロナは、しっかりと3ポイントを獲得した。最終節エイバル戦も確実に勝利し、あとはレアル・マドリードの取りこぼしを待つしかない。

[メンバー]

ラス・パルマス:バラス、マセド、レモス、ビガス、ロペス、モントロ(→サンタナ78)、ロケ・メサ、ビエラ(→カステラーニョ85)、モモ(→ハリロビッチ)、ヘセ、ケビン・ボアテング

バルセロナ:テア・シュテーゲン、ディーニュ(→ゴメス58)、マルロン、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、ラキティッチ(→デニス・スアレス79)、イニエスタ、メッシ、スアレス(→アルカセル79)、ネイマール

[スコア]

ラス・パルマス 1-4 バルセロナ

[得点者]

ラス・パルマス:ビガス(63)

バルセロナ:ネイマール(25、67、71)、スアレス(27)

https://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5/15(月) 11:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報