ここから本文です

「触らないように」猛毒タコ見つかる 福岡市が注意喚起 かまれると呼吸困難や心肺停止に

西日本新聞 5/15(月) 10:45配信

 福岡市は12日、同市西区の能古島近くで、猛毒を持つヒョウモンダコ1匹が見つかったと発表した。「見つけても触らないように」と注意を呼び掛けている。

 ヒョウモンダコは体長10センチ前後で、ヒョウ柄のまだら模様が特徴。普段は薄茶色だが、興奮すると全身に青いリング模様が現れる。唾液にフグと同じ猛毒テトロドトキシンが含まれ、かまれると呼吸困難や心肺停止に陥ることがあるという。

西日本新聞社

最終更新:5/15(月) 12:28

西日本新聞