ここから本文です

ナダルがティームを倒し、クレー3大会連続V [マドリッド/男子テニス]

5/15(月) 19:10配信

THE TENNIS DAILY

 スペイン・マドリッドで開催された「ムトゥア マドリッド・オープン」(ATP1000/5月7~14日/賞金総額543万9350ユーロ/クレーコート)の男子シングルス決勝で、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を7-6(8) 6-4で下し、優勝を決めた。ナダルは全仏オープンに向け、印象的な快進撃を続けている。

ナダルがティームを下してクレーコート3大会連続制覇、ダブルスはクボト/メロが優勝 [ムトゥア マドリッド・オープン]

 4度目のマッチポイントをものにしたナダルは、世界9位のティームからのタフな挑戦を退けて15連勝目を挙げ、ATP1000の大会での優勝30回という、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の記録に並んだ。

 この母国の大会での勝利で、ナダルはキャリア72番目のタイトルと、クレーでの52番目の栄冠を記録した。またこの勝利で、彼はロジャー・フェデラー(スイス)を抜き、世界ランキングで5位から4位に浮上することになった。

「ロラン・ギャロス(全仏オープン)で優勝しようと努めるためには、ナンバー4、あるいはナンバーワンやナンバー5である必要はない。必要なのは、非常にいいテニスをプレーすることだけだ」とナダル。「ランキングが、僕にとってことを大きく変えるとは思わない。僕が本当にうれしく思っているのは、ここマドリッドでタイトルを獲ることができたということだ。僕は自分が重要なタイトルを勝ち獲り、自分のゴールを達成することができるのだとわかった」。

 これはナダルにとって、23歳のティームに対する2大会連続での勝利だった。彼は2週間前にバルセロナ(ATP500)の決勝でも、やはりストレートでティームを倒して優勝していたのだ。ナダルは先月のモンテカルロ(ATP1000)でもタイトルを獲得している。

「ここ数週間は僕にとって特別なものだった。自分がやってのけたことを本当にうれしく思う」とナダルは言った。「母国で勝つということは、僕にとって大きな意味を持つ。ここは僕にとって常に特別な場所だよ」。

 ナダルはバルセロナの決勝で、2セットで5ゲームしか失わずに簡単にティームを退けたが、この日曜日には、よりハードに働くことを強いられた。

 第1セットは非常に拮抗し、ナダルはタイブレークで2つのセットポイントをセーブしなければならなかった。彼は結局、5回目のセットポイントをものし、タイブレークを取ってセットを先取する。

 第2セットの序盤にナダルはブレークを果たしたが、ティームを引き離すことはできず、最後のゲームでは、最終的に試合を終わらせる前に4つのブレークポイントをしのがなければならなかった。

「第1セットの終わりには、どんなことも起こり得た。でも僕は最後には、重要なポイントでいいプレーをしたと思う」とナダルは言った。「フォアハンドでいいショットを打って、いくつかのセットポイントをセーブした。そのあとはアグレッシブにたたみかけた」。

 ティームは、今季初めのリオデジャネイロ(ATP500)の優勝に次ぐ、キャリア9番目のタイトルを目指していた。これは彼にとって、ATP1000大会での初の決勝だった。

「いい戦いだった。僕はバルセロナのときよりもずっと、ずっといいプレーをし、試合もすごく競っていた」とティーム。「ときに、世界最強の選手に対しては、すごくいいプレーをしても負けることはあるものだ」。

 過去に14度グランドスラムを制したナダルだが、昨年は故障のせいもありタイトルに恵まれなかった。反対に素晴らしい年となっている今季、これは彼にとって34度目の勝利となる。この勝利数は、今のところツアーでもトップだ。彼はまた、ほかに3大会で決勝に進出し、全豪オープンを含め、そのうち2大会でフェデラーに敗れていた。

 左手首の故障のため、昨年の大部分をコート外で過ごす羽目になったナダルは、今、ここ32セットのうち30セットを取った勢いに乗って、今週ローマ(ATP1000)に向かう。ローマのあと、彼は3年前に最後のグランドスラム・タイトルを獲得した場所、ロラン・ギャロスで、10番目のタイトルを勝ち獲ろうと努めることになる。

 ナダルはまたここマドリッドの準決勝で世界2位のジョコビッチを倒し、ジョコビッチに対する7連敗に終止符を打っていた。

 これはナダルにとって、マドリッドで至った8度の決勝での5番目のタイトルであり、2014年以来初のものだ。彼はほかのタイトルを2005年、2010年、そして2013年にも獲得してていた。

「今はシーズンでもっとも感情的になる期間だ。僕は本当にこれらの大会を楽しんでいる」とナダル。「僕はモンテカルロ、バルセロナ、そしてここでもいいプレーをした。ローマでも同様のことができるよう願うよ」。(C)AP(テニスマガジン)

photo: MADRID, SPAIN - MAY 14: Rafael Nadal of Spain celebrates with the trophy after beating Dominic Thiem of Austria in the men's final at La Caja Magica on May 14, 2017 in Madrid, Spain. (Photo by Denis Doyle/Getty Images)

最終更新:5/15(月) 19:10
THE TENNIS DAILY