ここから本文です

【速報】東芝「決算」発表 「異例」の事態続く

ホウドウキョク 5/15(月) 19:03配信

東芝は15日午後、2017年3月期の決算発表を見送り、監査法人の承認がない業績見通しを発表した。4月の第3四半期決算発表でも監査法人の意見がつかない「きわめて異例」な決算発表を行っており、異例尽くしの事態が続いている。

東芝の綱川社長は会見で、決算発表を見送った理由を「現時点で監査手続きは継続している」としたうえで、「期末から45日を経過するため、株主、投資家に業績見通しを開示することが重要だ」と、いまだ監査法人と見解の相違が解消されない苦しい事情をにじませた。

公表された見通しによると、2017年3月期の売り上げは円高やパソコン、テレビ事業縮小により4兆8700億円の減収(前期比▲2848億円)、営業利益はリストラにより2700億円に改善される見込みだ。

最終損益は3期連続の最終赤字の見通し

しかし最終損益は、米原発会社ウエスチングハウス(以下WH)のチャプター11申し立てに伴う損失計上で、9500億円の赤字と3期連続の最終赤字となる見通しだ。

また、株主資本が5400億円マイナスの債務超過となる。

綱川社長は、「(半導体)メモリー事業への外部資本導入など、聖域なく保有資産の見直しをしていく」と述べ、債務超過解消と財務基盤強化への意欲をあらためて示した。

業績好転の頼みの綱となる「半導体メモリー事業売却」にいま暗雲

しかし、業績好転の頼みの綱となる「半導体メモリー事業売却」にいま暗雲が垂れ込めている。

東芝は稼ぎ頭のメモリー事業を売却することで再建に向けた資金確保を目指し、5月中に入札を締め切り、6月にも売却先を決める予定だった。

しかしここにきて、東芝とメモリー工場の共同運営をしているアメリカのウエスタンデジタル(以下WD)が、現地14日、国際仲裁裁判所に売却差し止めの申し立てをおこなったのだ。

WDは東芝がメモリー事業を第三者に売却することは契約違反だとして、これまで売却の停止を求めてきた。


一方、綱川社長は、「合弁契約には抵触していないので、停止する根拠はないと考えている」と主張しており、両者の言い分は平行線だ。

メモリー事業にはすでに台湾の鴻海精密工業など海外勢が名乗りを上げている。

綱川社長は「我々の正当性を説明して、応札企業の懸念を払しょくしていく」と強調するが、この申し立てにより売却の遅れが予想されるほか、最悪売却が出来なくなる可能性もある。

17年度の業績見通しでは最終損益は500億円と黒字化する見通し

15日発表された17年度の業績見通しでは、売り上げは減少するものの、最終損益は500億円と黒字化する見通しだ。

東芝は上場維持に向けて、あくまで「しっかりと誠実に努力していく」(綱川社長)姿勢だ。しかし、メモリー事業売却が躓けば、東芝再建はいよいよ崖っぷちとなる。

最終更新:5/15(月) 19:03

ホウドウキョク