ここから本文です

【F1】ベッテル「ボッタスの“ブロック“は恐ろしいほどのロスだった」/スペインGP

5/15(月) 7:00配信

motorsport.com 日本版

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とバトルをしている時に、バルテリ・ボッタス(メルセデス)に抑えられたことで、大幅なタイムロスになったと話した。

【写真】2位を獲得したベッテル(左)と、ポール・トゥ・ウィンを果たしたハミルトン

 ベッテルは、スタートでハミルトンを抜きトップに浮上した。しかし最後のスティントではハミルトンがベッテルをオーバーテイクし、ハミルトンが勝利を掴んだ。

 彼はハミルトンに対し、二度もアドバンテージを失ったと考えている。一度目は、他のドライバーよりも長く最初のスティントを走り、トップに立っていたボッタスに抑えられた時だ。そして二度目は、ハミルトンがバーチャルセーフティカー(VSC)が終わる直前に最後のピットストップを行った時だった。

「ハッピーじゃない。勝利はそこにあったんだ」とベッテルは話した。

「ルイスにはステイアウトする余裕があって、僕がバルテリに捕まっている間に、彼は僕とは違うタイヤを履いた。僕は彼がピットに入らないと思っていた」

「彼は他のマシンを抜かなけれいけなかったから、メルセデスはボッタスに僕をブロックさせた」

 ベッテルは最終的に、ターン1への進入でラインを変え、ボッタスをオーバーテイクした。

「彼はなんとかして(シケインの)出口で前に出ようとしていたので、僕は最初は何もできなかった」

「二度目は、たとえ芝生の上に乗ってでも、“道“を見つけなければいけないと思っていた」

「とても接近していた。最初はイン側に行くふりをして、アウト側に戻した。その後もう一度イン側に入った。DRSを使っていたので、マシンバランスを失うところだった。でも大丈夫だった。全体的に考えても、恐ろしいほどのロスだった」

 ベッテルは第2スティントで、ハミルトンがミディアムタイヤで走行している際に、再びソフトタイヤでギャップを作った。しかし両者が最後のピットストップを終え、異なるタイヤを履いた時に、そのギャップはなくなってしまった。

 34周目にストフェル・バンドーン(マクラーレン)がフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)と接触してグラベルにマシンを止めたため、そのマシンを撤去する際にVSCが掲示された。そしてそれが解除される直前に、ハミルトンは最後のピットストップを行った。

 ベッテルはこれについて、「最後のスティントでは何が起きたのかわからなかった」と話した。

「ピットから出た時、(ハミルトンが)近くにいて驚いた。彼とは8秒のギャップがあると思っていた」

「あれ(VSC)がクッションになったんだろう」

 ベッテルはアウトラップでハミルトンに抵抗したものの、ほどなくして、1コーナーの進入でハミルトン追い抜かれてしまった。

「僕がもっと長く抵抗できていれば、彼のオーバーテイクももっと難しくなっていただろう。でも僕はスリップストリームを使えなかったから、彼は僕の横を通り抜けていった」

「彼はターン1の出口でうまくやったし、最終セクターでは本当に速くて、レースも勝ったんだ」

「彼に対してよくやったと思う。彼はフェアにレースに勝ったし、僕は彼から勝利を奪うことはできなかった」

Matt Beer