ここから本文です

<高校陸上>女子三段跳び、小林(飯能)が自己新で初優勝/埼玉県総体

埼玉新聞 5/15(月) 23:46配信

 (最終日・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場=15日)

 男女計11種目の決勝などを行い、女子三段跳びで小林聖菜(飯能)が12メートル13の自己新で初優勝した。

 女子3000メートルは大塚沙弥(大宮)が9分36秒62で頂点に立ち、2年連続で1500メートルとの2冠に輝いた。同砲丸投げは2年の大野史佳(西武台)が自己ベストを更新する14メートル42で2連覇。男子の三段跳びは冨田健人(本庄第一)が15メートル19で初の頂点に立った。同110メートル障害は今井琉誠(熊谷)が14秒59で2年連続の栄冠を獲得した。

 各種目の6位(競歩、混成、女子の棒高跳び、三段跳び、ハンマー投げは4位)までが北関東大会(6月16~19日・千葉)に出場する。

最終更新:5/16(火) 1:36

埼玉新聞