ここから本文です

【F2】バルセロナ・レース2で今季初優勝の松下信治「得意なコースがこれからもたくさんある」

5/15(月) 7:40配信

motorsport.com 日本版

 FIA F2選手権のバルセロナラウンド。そのレース2で松下信治(ARTグランプリ)が今季初優勝を果たした。この勝利は松下にとって、前身のGP2時代と合わせて3勝目となる。

【リザルト】FIA F2バルセロナ・レース2:決勝結果

 レース1の残り2周というところまでは3番手を走っていた松下。しかし、オリバー・ローランド(DAMS)に抜かれ、4位フィニッシュとなった。

 リバースグリッドで行われるレース2、松下は5番グリッドからスタート。素晴らしい蹴り出しで一気に3番手までジャンプアップしてみせた。

「スタートには自信がありました」

 松下はそう語る。

「実は自分としては少し失敗したんです。ちょっとホイルスピンしてしまったんですよね。それがなければ、もう1台抜くことができていたと思います」

 レース1で3位のポジションを失った原因。それはタイヤのデグラデーションだった。早めにタイヤ交換を行った松下は、レース終盤にペースを上げられず、ポジションを失ったのだ。

「ペースには気をつけていました。昨日(レース1)はデグラデーションがすごかったんで、今日はより前とのギャップを開いて、タービュランスの影響を受けないようにしていたんです。でも、前のドライバー(グスタフ・マルヤ)があまり速くなかったんで、早めに抜こうと思いました」

 マルヤを抜いた後の松下の前には、ニコラス・ラティフィ(DAMS)がいるだけ。しかしその差は4秒あり、なかなか詰まらなかった。松下も「厳しいかなと思った」と言う。

 しかしラティフィは、ターン5でオーバーランしコースオフ。このロスにより、松下は労せずしてトップに立つことができた。

「彼も苦しそうな感じでしたけど、クリーンエアで走っていた分良いはずなんで。後ろのオリバー(ローランド)も速かったから気にはなりました。でも、自分としてはタイヤマネジメントがうまく行ったんで、自信になりました」

 結局松下は、ローランドらに差を詰められることなくトップチェッカー。今季初優勝を果たした。

「アグレッシブな1周目を見せることができたし、どんなシチュエーションでも仕事ができるということを見せられたと思います。こういうレースをやっていけば、(ランキング上でも)追いついてくると思います」

 バルセロナで勝利を収めた松下だが、実はここが最も苦手なサーキットなのだという。

「得意なサーキットが、これからたくさんあります。実はバルセロナが一番苦手なんですよ」

「セクター3が苦手なんですよ。ずーっと一定のペースで、ちまちましているところが苦手なんですよね」

 開幕戦はレース1で8位になったものの、レース2ではリバースグリッドでのポールポジションを得ていたにもかかわらず、マシントラブルでピットスタートを余儀なくされるなど、不完全燃焼に終わった松下。しかしここバルセロナでは躍動し、今後もこの流れを持続したいと語る。

「バーレーンの分を取り戻して、イーブンになったんじゃないですかね? 4位と1位で、ポイント的にも良かったと思います」

「良い結果を出せてモチベーションを上げられたので、次に向けては良いです。モナコ、バクー、オーストリアと、表彰台を獲っていきたいです」

(取材/尾張正博)