ここから本文です

レアルDFナチョの“狡猾すぎるFK”が話題に セビージャ守備陣を幻惑したそのキックとは?

theWORLD(ザ・ワールド) 5/15(月) 17:01配信

一瞬の隙を突いたナチョ

現地時間14日にリーガ・エスパニョーラ第37節が行われ、同リーグ暫定2位のレアル・マドリード(以下レアル)がセビージャに4-1で勝利した。

【動画】一瞬の隙をついたナチョの“狡猾FK”


同試合の前半に、ナチョ・フェルナンデス(レアル)が放ったフリーキックがスペインメディアで話題となっている。10分、敵陣ペナルティアーク付近でマルコ・アセンシオが倒され、レアルに直接フリーキックが与えられると、突然ナチョがシュートを放つ。セビージャの選手たちがボールから目を離した隙を突き、同選手がクイックリスタートを試みたわけだが、ウンディアーノ・マジェンコ主審はゴールを認め、レアルが幸先よく先制点を挙げた。

かつてリーガ・エスパニョーラで主審を務めたアンドゥハル・オリベル氏はスペイン紙『MARCA』を通じ、同選手が試みたクイックリスタートは正当なプレイであると説明している。

「ナチョのプレイは正当なものだ。主審は正しい判定を下したと思うよ。正しい場所からプレイが再開されていたし、キックの際にボールも静止していたからね」

セビージャの選手たちが素早く壁を作らなかったことを見逃さなかったナチョ。セビージャのGKセルヒオ・リコの視界を遮るような位置に立ってしまった主審の不手際があったとはいえ、一瞬たりとも気を抜かなかったナチョの集中力の高さを称えるべきだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/15(月) 17:01

theWORLD(ザ・ワールド)