ここから本文です

ヴァイグル骨折でドルトムントがピンチ! ビュルキ「2つの大事な試合に彼がいてくれれば……」

5/15(月) 21:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

長期離脱を余儀なくされたヴァイグル

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは13日、ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルが骨折し、長期離脱を余儀なくされたことを発表した。

ブンデスリーガ第33節アウクスブルク戦でスタメンに名を連ねたヴァイグル。芝に足を取られて右足首を負傷し、22分に担架でピッチを退いていた。クラブの公式サイトによると、試合後の検査で足首を骨折していることが判明。いくつかの地元メディアは「全治3、4ヶ月程度になるだろう」との見解を示している。

そして、チームメイトのGKロマン・ビュルキはアウクスブルク戦後のインタビューで「残念でならない。結果なんて二の次だよ。まだ大事な試合が2つも残っているけど、彼がいてくれれば心強かったんだけどね……」とコメント。ショックを隠しきれない様子だったという。

最終節を残すのみとなったブンデスリーガ。来季のチャンピオンズリーグ本戦ストレートインを目指す3位ドルトムントは、4位ホッフェハイムと勝ち点が並んでいるため、是が非でも最終節を勝利で締めくくりたい。さらに、27日にはDFBポカール決勝も控えている。ヴァイグルの負傷欠場は、彼らにとって大きな痛手となってしまったかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合