ここから本文です

さよならホワイト・ハート・レーン! トッテナム今季無敗のホームに別れ

5/15(月) 21:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ケインが決勝ゴール

トッテナムは14日にイングランド・プレミアリーグ第37節で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦した。試合はホームのトッテナムが2-1で勝利を収めている。

この結果によりトッテナムは、今シーズンホーム無敗で終わることに。トッテナムのホームでの成績は17勝2分0敗47得点9失点と尋常ではない強さを見せつけた。またトッテナムは2018-19シーズンに新スタジアムに移転するため、最後のホワイト・ハート・レーンでのゲームとなっている。トッテナムは1899年から使用してきたスタジアムに、ユナイテッドという素晴らしい相手を迎え、素晴らしい勝利と記録で別れを告げた。

またこの節目となる試合で決勝ゴールを決めたのは、現エースのハリー・ケインだ。同選手はこのゴールで今シーズン全クラブからゴールを記録した。ケインは試合後の英『sky SPORTS』のインタビューで素晴らしい終わり方ができたと語った。

「なんて終わり方なんだ。決勝ゴールを決めたいって試合前に言っていたんだよ。それが起きて本当に素晴らしいね。もちろん優勝できなかったことはがっかりしているが、昨シーズンと比べれば成長していることが分かる。確実に良くなっている。3位、2位ときているから、来シーズンは僕たちが1位だろうね」

この日の勝利で2位確保も決めたトッテナムは、昨シーズン犯した最終節で3位転落という失態を今シーズンは回避した。確実に成長を遂げているトッテナムは、来シーズンこそプレミアリーグを制覇したい。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合