ここから本文です

「北」大使 ミサイル発射を正当化

ホウドウキョク 5/15(月) 22:16配信

ミサイル発射について、いつでもどこでも実施できると主張した。
北朝鮮の池在竜駐中国大使は15日、北京の北朝鮮大使館で開いた記者会見で、「(ミサイル)試験発射は、最高首脳部の決心によって、任意の時刻、任意の場所で行われる」と述べ、今後もミサイル発射を続ける考えを示した。
また池大使は、14日の弾道ミサイル発射は、これまでと同様、アメリカや韓国などの脅威に対処し、核ミサイル開発を進める「並進路線」を完成するための正常な過程だと強調した。
さらに、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)新政権との対話に関連して、文大統領の当選は、韓国の民意を反映した結果だとしたうえで、誰が大統領になっても、民族の共同利益と、南北合意を尊重することが重要だと述べた。

最終更新:5/15(月) 22:16

ホウドウキョク