ここから本文です

ウイルス感染被害 国内で7件

ホウドウキョク 5/15(月) 23:36配信

感染被害が、国内で7件に及んでいることがわかった。
データを暗号化したうえで、解除の条件として、「ビットコイン」を要求する身代金要求型ウイルス、いわゆる「ランサムウエア」による感染被害。
15日午後5時現在、全国の警察が把握した被害まとめによると、新たに群馬県の企業や、東京都、滋賀県、岡山県、福岡県に住む個人のパソコンで感染被害が見つかり、国内での感染被害は、あわせて7件となった。
いずれも、人命に影響するような被害は出ていないということだが、警察庁は引き続き、ウィンドウズを最新版にアップデートすることや、重要なデータのバックアップをとるよう呼びかけている。

最終更新:5/15(月) 23:36

ホウドウキョク