ここから本文です

マリンスポーツ舞台は横浜港

カナロコ by 神奈川新聞 5/15(月) 19:37配信

 ◆親子がヨットやカヤック体験を満喫
 子どもたちにマリンスポーツに親しんでもらおうと、親子を対象にした体験教室が横浜港の親水施設で盛んに開かれている。横浜市内にいながらアウトドア気分が満喫できると好評で、初心者を中心に参加者が年々増えているという。

 安定性に優れ、誰でも簡単に操縦できる小型ヨット「アクセスディンギー」。大型連休初日の4月28日、横浜ベイサイドマリーナ(YBM、金沢区)で親子体験会が開かれ、隣接するアウトレットモールを訪れた家族連れが続々と参加した。

 初挑戦した南区の男児(6)は「最初は怖いと思ったけど、風と一緒にお船が動いて楽しかった」と笑顔を見せていた。

 YBMは、子どもたちに海を身近に感じ、大切にする心を育もうと「海の学校」を催しており、体験会はその一環。モーターボートなどの体験乗船も人気が出ていることから、6月3日にはクルージング・フィッシングの親子体験会を初めて企画、参加者を一般公募する。

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区の日本丸メモリアルパークでは大型連休中、3日間にわたって親子シーカヤック教室が開催された。参加者は初心者ばかりだったが、子どもたちはすぐに気持ちよさそうにパドルをこいでいた。

 帆船日本丸記念財団(西区)が5年ほど前から続ける人気イベント。主に市民向けだが、今回は観光で訪れた県外在住の親子が20人ほど飛び入り参加したという。広報担当者は「都会の中でマリンスポーツを楽しめるのが横浜の魅力。より多くの人たちに海に親しんでほしい」と期待する。

 親子体験会は有料で、今後のスケジュールは各施設の公式サイトに掲載する。問い合わせは、YBM電話045(776)7590、帆船日本丸記念財団電話045(221)0280。

最終更新:5/15(月) 19:37

カナロコ by 神奈川新聞