ここから本文です

ホンダ「入賞できるだけの速さがありながら、不運なアクシデントで後退したのは残念」/F1スペインGP日曜

5/15(月) 6:16配信

オートスポーツweb

 2017年F1スペインGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは12位、ストフェル・バンドーンはリタイアに終わった。

2017年F1第5戦スペインGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)、スタート直後にフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)とバトル

 パワーユニットのエレメント交換を行ったことで10グリッド降格のペナルティを受け、最後尾に就いたバンドーンは、いいスタートを決めて1周目の終わりには15位まで上がったものの、ピットストップの時期にポジションを落とし、32周まで16位を走り続けた。バンドーンは33周目、インに飛び込んできたフェリペ・マッサと接触、サスペンションにダメージを負い、リタイアすることになった。この接触により次戦モナコGPでは3グリッドダウンのペナルティを受けることが決まった。

 アロンソは7番グリッドからスタートしたが、スタート直後のターン2でマッサと接触、グラベルに押し出される形になり、1周目の終わりには11番手までポジションを落とした。最初の2回のピットストップで順位を落とし、15位を走り続けた後、終盤に予定外の3回目のピットストップを行い、ペースを上げてオーバーテイクを繰り返し、最終的に12位でフィニッシュした。

 アロンソは日曜夜のフライトでインディアナポリスに移動、初挑戦のインディ500に向けてプラクティスセッションに参加する。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 昨日はフェルナンドがホームグランプリの予選で見事なパフォーマンスを発揮してくれましたが、今日はチーム全員にとって失望の結果となりました。

 1周目に不運なインシデントに遭い、ポジションを落としながらも、フェルナンドは非常にいい走りをしました。彼は決して諦めず、前のグループを追いかけて、心強いペースを見せつけました。今日の彼のペースはよかったですし、私たちにはポイントを獲得できるだけの競争力があったと思うので、今日の結果は残念に思います。

 ストフェルにとっては困難なレースになりました。最後列からスタートしなければならず、最終的にレース半ばでリタイアすることになったのです。彼は今、厳しい時期にいると思いますが、私たちは彼と協力し合って今の状況を乗り越えていくつもりです。

 次のモナコは、私たちにとって大きなチャンスとなります。テクニカルな、真のドライバーズサーキットなので、ストフェルとジェンソン(・バトン)のいい走りに期待しています。 

[オートスポーツweb ]